2009年06月18日

日本代表W杯最終予選について

2010年に南アフリカ共和国で開催される第19回FIFAワールドカップサッカーの

アジア地区最終予選が行われました。



すでにワールドカップ出場を決めている日本ですが、どうせならば1位で予選通過したい

ところ。A組2位日本は、1位オーストリアとの大一番です。



場所は、オーストラリアのメルボルン・クリケット・スタジアム。気温8度という寒さの

中、69,238人の観衆が集まりました。



先制したのは日本でした。

前半40分に中村憲剛選手(28)の左コーナーキックを田中マルクス闘莉王選手(28)

がヘディングシュート。見事にゴールネットを揺らせ、1点先制と幸先良いスタートです。



しかし、後半に入るとオースラリア勢の猛攻にさらされ、14分にはケーヒル選手(29)

に同点ゴール。31分には、再びケーヒル選手にゴールを割られ、おしくも逆転負けを

喫してしまいました。



日本サッカーといえば、ライバルとして韓国の名前が挙がりますが、実はオーストラリア

もライバルとして君臨しています。これまでの対戦成績は17戦5勝6分7敗と負け越し。

日本代表チームも本大会で借りを返すべく、これからの練習に励むことでしょう。



日本の最終予選はすべて終わり、8戦4勝3分け1敗という結果となりました。



ワールドカップがらみでもう1つのビッグニュース。

アジアB組のワールドカップ出場国が決まりました。韓国と北朝鮮です。

南北そろってワールドカップに出場するのは、史上初ということです。





Yahoo!ニュースURL

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090618-00000026-mai-socc



----------PR----------



相続 相談 千葉市 中央区


地域猫


資金繰り 作成 習志野市


起業 助成金 千葉市 稲毛区


バランスボール ピラティス ダイエット コア


ニックネーム さださだ at 23:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

オタマジャクシや魚が降ってきたというニュースがあったんだけど

ニューヨーク・ヤンキースで活躍する松井秀喜選手(34)の故郷でもある
石川県の七尾市と白山市で空からオタマジャクシや魚が降ってくる、という謎の出来事
は発生しています。

4日のこと。七尾市中島市民センター駐車場で「ボタボタ」という音に振り返った男性が
車の上や地面にオタマジャクシが散らばっているのを発見。同センター職員の舟倉究さん
の話では、約200平方メートルの範囲に体長2〜3センチのオタマジャクシが約100匹
もいたそうです。

10日には、石川県中能登町に住む近江幸雄さん(78)宅の納屋の近くや車の荷台に
フナとみられる体長2〜3センチの小魚約10匹の死骸を発見。
「近くにそれらしい川もないのになぜ!?」と首をかしげる近江さん一家。

石川県内では6月に入ってから、この不思議な現象が相次いでおり、地元の方々も首を
かしげるばかりとか。

一説によりますと、サギやウミネコなどの鳥が、口や食道にオタマジャクシを含んで
飛行中、何かに驚いて吐き出した、といわれています。
現場周辺にはオタマジャクシが泳ぐ水田もあり、繁殖期を迎えた鳥がひなに餌を運んで
いた可能性があるというのです。

空から生き物が降ってくるというのは、日本だけなく、世界中で報告されています。
古くは紀元1世紀、古代ローマの政治家だったプリニウスも魚とカエルが降って来た
という記録を残しています。

原因はいろいろありますが、竜巻がオタマジャクシや小魚を巻き上げて運んでくる、
という説が有力のようです。
しかし、金沢地方気象台の発表では、オタマジャクシや小魚が降ってきた日に竜巻発生
の情報はないそうです。


Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090611-00000383-yom-sci



【PR】

商業出版セミナー
書籍出版のための企画書の書き方
編集プロダクション(編プロ) 企画
書籍出版プロデューサー
書籍企画出版

ニックネーム さださだ at 23:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする