2010年12月15日

はやぶさの2つ目の容器が開封される

奇跡的な生還を果たした小惑星探査機「はやぶさ」が持ち帰った

試料容器のなかから、奇跡的にイトカワ由来の微粒子が発見

されて大きな注目を集めたことは記憶に新しいですが、開封されて

いなかった、もう1つの試料容器の開封がいよいよおこなわれ

その結果が大きく期待されています。



残念ながら、地球に生還した小惑星探査機「はやぶさ」は、

大気圏への突入時に、予定通り燃え尽きてしまいましたが、

イトカワで採取した試料容器を、これもまた予定通りに地球へ

届けてくれました。オーストラリアで、はやぶさが射出した

イトカワの試料を回収し、精密な調査を進めている宇宙航空

研究開発機構は、今回、いよいよ2つ目の試料容器を開封すると

発表したのです。



これまで未開封だった試料容器を新たに開いた結果、残念なら

肉眼で見えるような大きい粒子は見当たらなかったとのこと

ですが、前回の開封時も、顕微鏡で調べた結果、1500以上もの

微粒子が発見されています。



はやぶさは小惑星「イトカワ」へ2回にわたって着陸しており、

今回開封された容器は1回目の着陸時におこなわれた試料回収の

カプセルです。微粒子が発見された2回目の試料容器より

着陸時間は長かったため、今回の開封は、1回目よりもより多い

微粒子の発見が期待されています。



全開検出された粒子については、約20個を電子顕微鏡で

調べた結果、ほぼ半分が鉱物だったことがわかっています。

イトカワ由来の物質であるということが判明し、これから

本格的な調査がおこなわれれば、素晴らしい成果が期待できる

かもしれません。

まだまだ今後、はやぶさの名前を忘れることはなさそうです。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


ITメディアニュースニュースURL


日経ビジネスオンラインニュースURL


イザ!ニュースURL


----------PR----------



著者の主観


自動売買 儲け


出版企画書書き方事例


ベストセラー作家になれる


ニックネーム さださだ at 23:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする