2010年08月30日

アンドロイド端末が躍進の兆し

米アップル社のiPhoneが圧倒的なシェアを占めている

スマートフォン市場ですが、これに追随し、シェアを奪い取ろう

とする動きが活発になってきました。



米グーグルが開発した携帯電話向け基本ソフト

「Android(アンドロイド)」をOSとして搭載している

スマートフォン(高機能携帯電話)へ向けて、インターネット

プロバイダー大手のNECビッグローブゲームが、充実した

コンテンツを一括してリリースすることになりました。

ゲームはもちろん、電子書籍対応アプリなど9月末までに

650本をそろえる計画だそうで、これは日本だけでなく

欧米市場もターゲットに据えた戦略だそうです。



アンドロイド端末は世界中で急速に普及しています。日本でも

ドコモのエクスぺリアなどで採用されていますが、

このOSを利用したアプリが充実すれば、消費者にとっては

iPhone4と同等の選択肢になり得ます。そうなれば

更に需要の伸びが予想されるわけです。

こうした一連の動きにつられ、アンドロイド端末の

関連ビジネスは急速に発展してきました。



NECビッグローブが提供を開始したサービス

「アンドロナビ」は、外部のソフト会社、個人制作者が提供

するコンテンツをそろえて配信するサービスです。すでに

ゲームソフト大手のコーエーテクモゲームスが供給を

決定しているそうで、ゲームや電子書籍、便利ツールなど、

幅広いコンテンツが集まることは確実です。



NECビッグローブの飯塚久夫社長は発表時のコメントで

「アンドロイド端末向け事業は今後の成長が期待でき、

いち早く対応することで市場をリードしたい」と

強調しています。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


ライブドアニュースURL


ITメディアニュースURL


イザ!ニュースURL


----------PR----------



オステオパシー 骨盤 マニュアルセラピー 整体


社会福祉士 教科書 過去問題 問題集 専門科目


社会福祉士 教科書 過去問題 問題集 共通科目


心電図 初めて ハローキティ モニター


iPad アプリ ベスト カタログ 評価



----------PR----------




















ニックネーム さださだ at 22:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする